Giga対応Hubに交換してSpeed Up

どうも通信速度は遅いのでProviderに問い合わせしたら、Switching Hubが古いのではないか?と指摘されてしまいました。

そこで、今まで付いていたSwitching Hubを1000Mbps対応に交換しました。通信速を比較したら歴然の結果でした。

100Mbps対応 1000Mbps対応
下り回線 上り回線 下り回線 上り回線
4.028Mbps (503.5kByte/sec) 7.379Mbps (922.4kByte/sec) 93.28Mbps (11.66MByte/sec) 93.58Mbps (11.70MByte/sec)

この結果を見ると、桁違いに高速になりました。

今までHubなんてどうでもいいと思っていましたがとんでもない。重要です。こんあこと気が付かずに恥ずかしい。これで少しはWeb 閲覧も快適になるかも。

新規購入した1000Mbps対応のSwitching Hubは、「BUFFALO Giga対応 金属筺体 電源内蔵 8ポート ブラック スイッチングハブ LSW5-GT-8NS/BK」です。

   【速度測定システム Radish】
    http://netspeed.studio-radish.com/
1.地図下にある[マルチセッション版 東京 β版]をクリック
2.回線情報登録をSKIPして測定
3.測定方向:両方向
 測定精度:高
 データタイプ:標準
4.接続数:最小1~最大16
5.測定ページへ
6.測定開始をクリック

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。