FTPとEditorの話し

この記事は3年以上前の古い投稿記事です。古いことをご承知してお読み下さい。

今回は、FTPとEditorの話をします。いろんな遍歴のすえ、結局これに落ち着いたというものを紹介します。モリパパお勧めのFTPとEditorで~す。

FTPはWinSCP。EditorはNotePad++です。

FTP Client ソフトは最初FFFTPでした。ところがFTPS(FTP over SSL/TLS)の方が安全だということでFillzila に変更し暫くこれを使っていました。

ところが、AWSではSSHで暗号化されていて2重鍵でAccessしなくてはならず、SSHに対応したWinSCPを使うようになった訳です。

WinSCPのLogIn画面、SSL/TLSやSSH接続ができる

WinSCPのLogIn画面、SSL/TLSやSSH接続ができる

AWSの2重鍵は***.pemというファイルを標準の***.ppk ファイルにCovertしないと使えませんが、これもWinSCPに付属しているPuTTY Key Generatorで返還できます。という訳で現在はWinSCPを使っています。
更にWinSCPのいいところは使い慣れているEditor にLink できてダブルクリックでお好みEditor が開き、とても便利です。

WinSCPの操作画面、Optionも充実しており操作しやすい

WinSCPの操作画面、Optionも充実しており操作しやすい

次にお好みEditor ですが、最初Crescent Eve を使っていました。HTML、CSSなどを扱うにはとてもSimple でBrowserでの確認も便利でよかったんですが、PHPを扱うようになって不便を感じ、NoEditor、TeraPad、EmEditor、秀丸などアチコチ試し、結局NotePad++ に落ち着きました。

デフォルトでPHPは赤色、右側のNpp FTPで、すぐにUploadできる。

デフォルトでPHPは赤色、右側のNpp FTPで、すぐにUploadできる。

NotePad++ の良いところはPHP 言語のファイルが見やすいこと、<div>範囲やカッコ範囲が解りやすいこと、更に様々なPluginがあって使いやすくCustomizeできることです。特にQuick Color Picker+ は色コードをダブルクイックするとカラーピッカーをCode上に表示してくれます。それもHEX、RGB、HSBでもOK で、これはとても便利です。

IDE(Net BeansやWeb Matrix など)もありますが、単体のWordpressなど初歩的な編集には必要ないような気がしています。何人か複数の人がプロジェクトを組んで仕事する場合には必要かもしれませんね。 他に、気になるEditorでBlueFishというのがあるそうですが、使った事がありません。どなたか使ったことがある方、感想をお寄せ下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。