クラウドAWSでWP(続々)

こちらのブルグAmazon ec2へwordpressをインストールに詳しく載っています。 WordPressでファイルを管理するためにグラフィカルなFTPソフト WinSCPが使えるのはありがたいですね。Windowsを使っている場合は、TeraTermでAWSのファイル管理する訳ですが、これにはUnix Code に慣れていないので大変なんですネ。 WinSCP の使い方は、先ほどのブログAmazon ec2へwordpressをインストールに詳しく載っていますから、試してください。おそらくWindowsでAWSの秘密鍵を扱えるのはWinSCPしか無いと思います。 ファイル拡張子.pemの秘密鍵をWinSCP同梱のPuTTYgenで拡張子.ppk にしなくてはなりませんが、1回やっておけば後は全く必要ありません。 (以前、FFFTPやFileZillaを使っていましたが、WinSCPに切り替えたほうが良いです) さて、AWS にWordPress をインストールする方法は様々な方法があるようなんです。先ほどのブログにも紹介されているのは、WordPress の.tar.gz形式のアーカイブ ファイルをインストールしてsshで展開する方法です。 apacheをパッケージからインストールした場合、/var/www/htmlがドキュメントルートになるので、ここにアーカイブ ファイルを移動し、その後Tar で展開するんだそうです。 でもssh を使うので何だか難しそうなんです。 やはり、一発で簡単インストールしたほうが素人には楽で間違いなさそうですよね。 余りにも簡単ですが、簡単インストールの紹介が以外にないので、ここに紹介しておきましょう。

先ずEC2のDashBoardに入って、いきなりLaunch Instance を押します

aws_WP_install01

次にAWS Marketplace タグに入り、検索でWordPress とすると様々なWordPress呼び出されます

Softが余りにも多すぎ、検索で調べるしか方法がないくらいです。 いきなり AMIMOTO でもイイですよ。そうすると AMIMOTO が提供する2つのWordPress が出てきます。 aws_WP_install02

そしてAMIMOTOを選んでください

Free tier eligibleと書いてあるSoft は最小Instanceの Micro (t1.micro)では料金Free ということですaws_WP_install03

以上で終わりです。

後はInstance ができていることをEC2のInstance で確かめたください。DefaultでElastic IPもVPC IDもDefaltで出来ています。AWSに詳しくなくても出来ちゃう訳です。 Public DNSがURLになります。ec2-***-***-***-***.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com と***.***.***.*** は同じものですね。 という訳でURLからWordPressの初期設定を行なえば、WordPressの世界になります。aws_WP_install05 AMIMOTO というのは日本のDigitalCube Co. Ltd.が提供しているもので、知る人ぞ知るWordPress で有名な会社ですね。 別途E-Mailで“Your AWS Marketplace subscription for AMIMOTO” が送られてきます。AWS Marketplace のSoftware の案内ですので、ここでも案内のURL を開いて確かめてください。aws_WP_install04 何ともアッケナイ WordPressのインストールでした。最後にWinSCPでインストールされているWordPressを確かめてみましょう。Win_SCP_AWS /var/www/vhosts/i-******** という処にWordPressがinstallされています。i-******** はInstance のID です。 又この続きを書きます。一旦ここでお休みします。次回は「クラウドAWSでWP(続々その2)」です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。