創始者Matt Mullenweg氏がWordPressの未来を語る

MattWordPressの創始者マット・マレンウェッグが来日、WordPressとウェブの未来について語りました
WordPressの未来についてお話しします。Ver4のことですね。何ヶ月か先のことになると思いますが、日本のみなさんのWordPressへの貢献に対して「お返し」ができると思います。それは、翻訳システムをより良くすることです。「LanguagePack」と呼んでいます。 WordPressの素晴らしいところは3万を超えるプラグインが開発されていることです。でも、そのうち数百のプラグインしか日本語に翻訳されていません。みなさんがWordPressを使っていると、いつも英語が出てくるはず。ごめんね。ほんとムカつくよね(笑) これは技術的な問題が原因です。翻訳システムがまだまだスムーズに動いていません。近い将来、インストールからプラグインの導入まで、すべて日本語でできるようにする予定です。
だそうです。先日WordCamp東京は「翻訳&ドキュメンテーション祭り」でしたが、ますます国際化というか日本語化が進むことになるんでしょう。 そうすれば、もっとWordPressが使いやすくなるかもしれません。
オープンソースで開発するという活動から学んだことは「世界中には優秀な技術者がたくさんいる」ということ。地理的な状況による差別(障壁のこと)は良くないということ。例えば、「サンフランシスコ在住の人しか雇わない」という企業は、サンフランシスコに住んでいない99.99……%の人を差別しているということです。これはバカげていると思います。地理的な状況による差別は良くありません。
ということらしいです。「WordPressの国際化=日本語化」ですかね。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。