CSSのDisplayについて

Webサイトの表示でCSSを使いますが、CSSのプロパティーの一つに、「Display」というのがあります。

実は、Wordpressの子テーマでCSSを変更して、テーマの機能はそのままにデザインを大幅に変えることはよく知っていたのですが、CSSの一部を消したいときはどうするのか?このDisplayで解決するのです。

即ち、セレクタ{プロパティー:値;}で、プロパティーであるDisplayを「none」にすることで解決します。

Displayについて、詳しく解説してくださっているサイトが有りましたのでご紹介します。(右の画像クリックで新TABで表示します)

Simplicity2の子テーマ編集で、固定ページに日付や更新日が表示されて困ってました。投稿ページには投稿日付が欲しいのですが、固定ページには入りませんね。
これも右のサイトから頂いたものですが「なるほど」でした。以下のCSSコードを子テーマのCSSに埋め組むだけで、非表示になりました。

[code]/*******************************************
** 固定ページの日付・更新日を非表示にする
*******************************************/
.type-page .article .post-meta {
display: none;
}[/code]

ついでにSNSの表示も煩かったので、非表示にしました。

[code]/************************************
** 固定ページのSNSを非表示にする
************************************/
.article ul.snsb {
display: none;
}
.article #sns-group {
display: none;
}[/code]

お陰様で今回、CSSのプロパティー「Display」を学べました。CSSは少しずつ勉強ですね。

簡易のサイトさん有り難うございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。