GDPR

GDPR(General Data Protection Regulation)という言葉が急に出てきて、何やら欧州の規制だそうですが、今年(2018年)5月25日から適用されると言われています。FaceBookのデータ流出事件以来、セキュリティーについて厳しくなってきている一環でしょうか?

WordPressも4.9.6になって、更新するとこんなメッセージが出てきます。

当面、国内で運用しているサイトであれば、デフォルトのまま無効化しておけば良いそうですが、欧州でサイトを見てくれている人がいる場合は、有効化したほうが良さそうです。

有効化してみると、こんなメッセージがでてきます。

コメントフォームの下に、プライバシーに関する通知を表示するそうです。
これがどれだけの意味を持っているのか?素人には分かりませんが、取り敢えず欧州の規則に準じたものだそうです。セキュリティーに関してはこれが世界標準になるのかも知れません。

詳しくは、ユーザーのサイトへの訪問者のためのプライバシー通知 – Automatticを見てほしいのですが、正直難しくて理解出ません。

でも、WordPressが信頼性を高めているのは、こういった取り組みなのかも知れません。今やサイトの30%がWordPressになったそうですから、その責任も重くなっていると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。