Gutenbergに移行

どうやらWP Ver.5.0から編集画面がGutenbergに変更されるそうです。そのVer.5.0のリリースも2018年8月らしいのですが、既にVer.4.9.8から「Gutenberg を試そう」の呼びかけが始まっています。

こりゃ「ボーッとしてたら、チコちゃんに怒られる」かもしれません。早速、PluginでGutenbergを入れてみました。
この投稿も実は、Gutenbergのエディター(編集画面)で書いています。

ブロックって何?

使ってみれば分かります。これまでReturnKeyで段落してた文章が、そのままブロックになっています。

普通は余り使いませんが、そのブロック毎に文字の大きさや、色など変更できます。

文章もブロックなら画像も何もかもブロック

処暑となりセミの亡骸が象徴するように、今年の夏も終わりかけているようです。そう!WordPressの古典エディターもね。

こんな具合に画像もブロックになります。

もちろん文章もブロックですよ。以前ビジュアル編集で、画像を伸縮してまいさよね。これもできます。

考えている間に自動保存

文章を考えている間に、勝手に自動保存してくれます。その速さは驚くばかり。
そしてプレビューも、新規タブでプレビューしてくれます。

コード・エディターは?

そうは言っても難しいところは、コード・エディターを使いたいですよね。右端にあるモア・マークを開けばできます。

そうするとどうでしょう? <–!   何やらcode —> といったコメント文字がたくさん出て来ます。こりゃ単なるコメントじゃ無さそうです。
どうやらこれが、Gutenbergというブロック・エディターをつかさどっているようです。ということは、Gutenbergで書いたものを、従来の古典エディターで編集することは一寸問題なのかもね。不可逆的な進化になりそうです。

まだまだ、これから体験しないと分からないこと多いと思いますが、一応このエディターは使えそうですね。
Ver.5.0からはGutenbergになるんだそうですから、しょうがないでしょ。取り敢えず、使いこなしてまいりましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。