管理画面に入れない、よくあるミス

WordPressで管理画面へ入れなくなると、何もできなくなってしまいます。最近そんなエラーの解決に振り回されたので、よくあるミスとしてまとめておきます。

独自ドメイン設定ミス

そもそも独自ドメインの設定に不備があって、独自ドメインに遷移しないミスがありました。Lolipop で独自ドメインを設定するには、ムームードメインで独自ドメインを取得します。その独自ドメイン取得にミスがあったら、ロリポップで設定することはできません。

当たり前のことですが、気づくのに時間がかかり、イライラさせられます。

まずはムームードメインでの確認をしましょう。特に、コントロールパネルのWHOIS情報をシッカリ確認してください。

確認して不備があれば、修正するだけで解決するのですが、それを怠って独自ドメインの設定が上手くいかない場合が多いのです。(初歩的な確認ミスです)

特に、番地* の頭は数字から書くことになっているので、日本語のように○☓町1-23-45 ではダメです。1-23-45 ○☓町と記入して下さい。また空欄もいけません。
(注意書きに書いてありますが、ウッカリやっちゃうことがあるのです)

ムームードメインでは、親切に「ユーザー登録情報をコピーする」ボタンが配置されています。しかし、そもそも「ユーザー登録情報」が間違ってることもあるので注意してください。

 

管理画面が「真っ白」になる

WordPressで子テーマを作成するとき、作成するファイルは functions.php と style.css ファイルです。
「真っ白」になるケースは、まず functions.php を疑って下さい。

よく間違えるのは、 functions.php を function.php と書いてしまうことです。functionと複数形にしてください。

functions.php で犯すミスは、スペースを入れてしまうことです。php ファイルにスペースは厳禁です。スペース1文字に泣くことがあります。(スペースの有無は見つけにくい)

functions.php をいじるときは、面倒でも、一行ごと、一文字ごとに、サイト表示のチェックをすることです。そのくらい慎重にやらないと、ひどい目にあいます。

その他、初心者に多い、BOM付き保存や、php宣言の書き忘れです。命令間の改行は2行以上しない、最後に空白を残さないこと、こんなことに気をつけないと、ひどい目にあいます。

 

Cookieの影響でログインができなくなった場合

ChromeでCookieの削除、有効化、管理を行う方法をみて、まずはCookieを削除してください。

また何らかの理由で、ログインできないこともあるので、” wp-admin ” ではなく ” wp-login.php ” でアクセスするようにしてみて下さい。

 

設定からWordPressアドレス(URL)を変更してしまった時の正しい対処法

WP管理画面の設定>一般 で、URLを間違って記入してしまうとログインできなくなって修正することができなくなります。この対処方法で簡単なのは「WordPressアドレス(URL)をデータベース内wp_optionsで修正」でした。(ロリポップで簡易インストールすると、wp-config.sys のファイルの中で、$table_prefix = ‘wp11_’; というようにテーブルが追加されます。例は11番めのテーブルです)

管理画面(ダッシュボード) > 設定 > 一般 の中で記入した内容は、MySQLのデータベースに格納されます。そのなかの「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」もMySQLの wp_options の中の option
_name の siteurl と home にあるoption_value の値を修正します。通常、siteurl = home です。

(MySQLでは、控えをとることが出来ないので、慎重に作業してください。)

古い子テーマを再編集するときの注意

2014年、WordPress 3.8 に追加された古いテーマ「Twentyfour」の小テーマを今頃になって改善しようと思いたち、編集するうちに気がついたことを、あれこれ書いておきます。

ご存知の通り、Wordpressの公式テーマも更新されるので、せっかく編集したコードが上書きされないよう子テーマで対応したんですが、元のテーマのコードが変更されてしまうことで、ブログ解説に「何行目をこのように変更」と書いてあっても見つけられないことになってしまいます。

だから、古いバージョンの親テーマのファイルを一式確保しておかないといけません。こんあ基本的なことと思われるかも知れませんが、バックアップと同じように重要なんです。

 

管理画面(wp-adminディレクトリ)が404エラーになる

これは .htaccses に記載されている Site Gard の部分を削除することで解決します。

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START
#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_START
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteBase /○☓/
RewriteRule ^wp-signup\.php 404-siteguard [L] RewriteRule ^wp-activate\.php 404-siteguard [L] RewriteRule ^login_○123☓(.*)$ wp-login.php$1 [L] </IfModule>
#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_END
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END

 

以上ですが、エラーは一律ではありません。エラーが出ると慌ててしまい。アレやコレやいじりまわしてしまうことで、どうにも回復できなくなることもあります。結局、エラー解決は経験しないと分かりません。


もう一つ追加で書いておきます。

WPテーマやプラグインが問題で、ダッシュボードに入れなくなくなってしまうことがあります。そんなときの技です。FTPで問題らしきテーマやプラグインを削除してしまいます。そうすると削除したテーマやプラグインの代わりに、別のテーマやプラグインが有効化されるのです。

実は、これでダッシュボードに入れたりします。ダッシュボードに入れたら、こっちのもんです。信用できるテーマなら、もう一度再インストールして有効化すれば、全て戻ります。プラグインではやったとこがありませんので分かりませんが、不具合が起きたプラグインは二度と使わないほうが良いでしょうね。(2019/6/23追記)

以上です。

更に追加です。

WPでも、HTMLでもWebディレクトリの属性、即ちPermitionの設定が間違っていると、403ERRORを返してきます。Lolipopを使っている場合、Webディレクトリーは推奨の705を使って下さい。

744などとして、実行不能な状況にすると、403ERRORとなります。(2019/7/6追記)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。