WPにPowerPointを埋め込む方法

最近、Googleにお世話になっているというか、すっかりGoogleファンになってしまいました。投稿にGoogleフォトを貼り付けたり、YouTubeを貼り付けるのは当たり前になってしまいました。

そこで、マイクロソフトのパワーポイント(PowerPoint)で作った作品を、投稿に貼り付ける方法について説明します。

パワーポイントの作品をそのままWordPressの投稿に埋め込むことはできませんから、PowerPointの作品(ファイル)をGoogleスライドに変換した後、Googleスライドの作品をWordPressの投稿に挿入します。

では、Googleスライドは何処になるのでしょう?Google chromeから調べてもいいし、Googleアプリのマークを開いて「もっとみる」を何回か開いてみてください。
Googleのアプリの数に驚くでしょう。たくさんアプリがある中からGoogleスライドを見つけてください。そしてGooogleスライドをクリックすると

こんな画面が出てきます。これがGoogleスライドです。

新しいプリゼンテーションを作成で空白を選んで、新規に作ることもできます。

でも、多くの人はパワーポイントで作品を作っているでしょうから、その作品をGoogleスライドへ変換して使えるようにしなくてはなりません。その方法を説明しましょう。
右下のフォルダーのマーク「ファイル選択ツール」をクリックしてください。(目立たない所にあります)

すると、右のような「ファイルを開く」という画面が出てきますので、

その中でアップロードを選んで、
PCの中にあるファイルをアップロードします。

何処にアップロードされるか?
Googleドライブのマイドライブにアップロードされます。逆にGoogleドライブのマイドライブにアップロードしておけば、Googleスライドに変換され、マイドライブからファイルを選んで使えます。

さてこれで、パワーポイントのファイルが、Googleスライドへ変換されました。上手く行ったでしょうか?
フォントに注意が必要で、パワーポイントのフォントとGoogleスライドのフォントが違う場合があります。そうすると、ギリギリに配置した文字がはみ出したり、隠れたりするので調整が必要になることがあります。

Googleスライドの練習だと思って、フォントの調整など手を加えてみてください。
意外に素晴らしいのは、パワーポイントのアニメーションも綺麗に変換されていますから、殆ど手を加えることはないとおもいます。(素晴らしい)

Googleスライドの編集画面で、

「ファイル」の中から「ウェブに公開」を選んでください。

下の方にあって目につきにくいですが、探してクリックしてください。

そうすると「ウェブに公開」の案内が出てきます。

ウェブに公開しないとGoogleスライドをWordPressに埋め込むことはできません。

いろんな項目を調整することができます。

スライド自動表示は、勝手にスライドする速度です。

幅、高さも指定できます。

そして「コピーするには、Ctrl+Cキーを押します」の案内通りコピーして、WordPressの投稿や固定ページへ埋め込んでください。投稿や固定ページへ埋め込む場合は「テキスト編集」で貼り付けてください。

これで、「ビジュアル編集」にすれば、Googleスライドが出来上がっていることがわかります。

このGoogleスライドは馴れれば、使えます。もうMSのパワーポイントを卒業してもいいかも?

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。