WordPressその凄まじい普及

これを書いている時点で13百万回もWordpress(WP)がDownload(DL)されていました。毎秒、世界のどこかでDLされてる勢いです。2011年8月1日の時点で、「世界の最上位100万のWebサイトの14.7%で使われており、昨年の8.5%から大きく増加した。」そうです。 ホームページも今やCMS(Content Management System)が当たり前になって、Web制作者でなくてもページの更新ができるようになる時代がやってきました。WPにはVisual Editerというのがあって、BlogやFacebookの管理画面と同じようなものでホームページを管理していきます。 更にホームページの外観を決めるテーマが1500以上も無料で利用でき、既に4千万回もDLされているんだそうです。そしてPluginという機能拡張が18千種以上もあるんだそうです。おまけにモバイルアプリから更新、コメント追加できてしまうと言うんですから凄いもんです。 2008年ころからAppleのiPhoneやiPadが大ヒットする裏側でWPがヒットしてたんですね。 WPの生い立ちは2002年6月Matt Mullenwegによって始められた b2/cafelog です。2006年ころ世の中に出現し、2008年ころには急速に普及し、今やDefact Standardとなってしまいました。 その理由はCMSです。制作会社に依頼することなくコンテンツを追加、編集できるんですからね。 そういったソフトが現れて良いと思ってましたが、それがWPなんですね。そこでモリパパも、これからWPに挑戦です。 楽しいWordpressの素晴らしさは、無料で使えるテーマが沢山あるってことです。 「無料で使えるクオリティの高いWORDPRESSテーマ 150」Web版へ 「無料で使えるWordPressテーマ 2009年 厳選100+」Web版へ そしてモリパパが見つけた、米国のWordPressテーマ(無料)「WIX」Web版へこれは凄い凄い! 最後に敬意を表して、WPの創設者であるMatt Mullenweg(1984年1月生、28才)を紹介しておきましょう。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。