Lolipopで独自ドメインにWordPressを設定

なんだかんだ苦労してしまったけど、Lolipopで独自ドメインにWordPressを設定できたので、メモを書き残しておきます。

もともとはWordPressを、Xampp上のLocalHostに設定して、あれこれCustomizeしてからServerにUploadする予定でした。

ところが、これまで使用してきたStepServerでは上手くUploadできなかったので、意を決してLolipopに移転しました。

またXampp上のLocalHostでは何か具合悪いことがあったので【後書】にまとめてみました。

WordPressの設定は、何処のRenatalServerでもいいってことでは無さそうです。だからWordPress Cordex日本版にレンタルサーバ情報っていう説明が有るんです。この中で紹介されているLolipopに移行することにしました。ついでにServer移行と共にDomainも移行してしまいましたけど….

WordPressでなければ、自分のPCにhtml+CSSでスッカリ完成したものをWebSiteにUpするのが普通なんですが、WordPressでは始めからRenatalServer上でCustomizeしたほうが良さそうです。

RentalServerにWordPress一式入ったフォルダを作り、そのファルダの中で制作作業をします。フォルダの中で色々書いてもそのURLを正確に知っていなければAccessされることは先ず有りません。

それに管理画面>設定>表示設定で「検索エンジンがサイトをインデックスできないようにする」というチェックボックスを入れておけば、検索に引っかかる心配もありません。公開しても他人に見られることは先ずないとおもいます。だから最初からRentalServer上で作っていくのが正解なようです。

でも、Costomizeで失敗する心配がありますよね。そのためにテスト用にXampp上のLocalHostを使います。 header.php 、single.php 、page.php 、footer.php 、style.css 、fanctions.phpなどをcustomeizeするときにテスト用に使います。

Xampp上で上手く行くかどうか確かめてから、そのファイルをRenatalServer上にUpします。 こうやってWordPressのテーマをCustomizeして行きました。

そしていよいよ、独自ドメインにDNSを変更して公開します。設定は以下の順番で行います。

1.該当Wordpressの管理画面へログインし、〔設定〕→〔一般設定〕メニューより、 『サイトのアドレス(URL)』と『Wordpressのアドレス(URL)』に 【http://www.lbb-nc.com/】をご設定ください。
※この作業で一時的にWordpressへアクセスできなくなります。

2.ユーザー専用ページの〔独自ドメイン〕→〔サブドメイン設定〕メニューにて、

『http://www.lbb-nc.com/』の『公開 ( アップロード ) フォルダ』を 【lbb-wp】に変更して更新します。

※反映が完了するまで1時間ほどお待ちください。

ここで『サイトのアドレス(URL)』と『Wordpressのアドレス(URL)』共に、サブドメインの方(WWW.)を設定します。独自ドメイン(WWW.がない方)を設定すると、URLにwww.が付かないものだけのURL設定になってしまいます。

最後に、WordPressの管理画面>設定>表示設定で「検索エンジンがサイトをインデックスできないようにする」というチェックボックスを外して公開完了です。 【後書】 Xamppで上手く行かなかったこと

  • 有名なPlugin「Jetpack」が機能しない。
  • PluginのWP Super Cacheでは、php.ini設定を”safe_mode”をOffにする必要があるんですが、Xamppでは問題なくてもServerで「警告 ! PHP セーフモードが有効になっています !」との警告が出ました。Lolipopでは「WEBツール」の「PHP設定」で”safe_mode”をOffに設定できました。
  • もっとあるのかな?忘れた。

実はLocalhostでの設定はXamppだけでなくこんなに色々あって、機能もそれぞれなんだ。

WindowsはXampp、MacはMampしか知らなかったけど、こんなに有るんですね。DesktpoServer Premiumっていうのが凄いんかな~?

LocalServersAPP

最後に参考までにXampp以外のローカルに開発環境を作成する方法を紹介しておきます

超簡単&スピーディにローカル環境にPHP+MySQL 、WordPress構築を実現するBitNami USBメモリ内にWordPress用のローカル環境を5分で構築、持ち運び可能なフリーのソフトウェア・Instant WordPressが超便利っぽい MicrosoftのWebMatrix3 日本語対応でWordPressも一緒にインストールしてくれます。

以上の記事は読んで見ただけで使用していません。参考までに書いておきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。